ぽかぽか陽気

毎日を楽しく過ごしたい主婦の雑記ブログ 

【危険】入浴中に起こる眠気は、失神寸前の合図!?

f:id:pokapokayouki:20190411214134j:plain
お風呂って気持ちが良いですよね。

まるで、お布団で寝ている気分になります。

幸せだなぁ…と実感していると、そのうち意識が遠くなり、そのまま寝ていたということが、最近増えています。

寝ると言っても、長くて5分くらいなので、ちょっと疲れているのかなぁ…と簡単に考えていたのですが、失神寸前の可能性があると知り、怖くなりました。

 

 

入浴中に眠くなる原因

これには、血圧が大きく関係しています。

数年前に低血圧症だと診断された際、医師から教えてもらったことなのですが、血圧は気温の変化によって上下します。

気温が高い=血管が拡張して血圧が下がる

気温が低い=血管が収縮して血圧が上がる

そのため、低血圧の人は、夏に体調を崩しやすい傾向にあります。

この現象は入浴中にも起こり、温かい湯船に浸かると、血管が緩み血圧が下がっていきます。

次第に血の巡りが悪くなり、脳に十分な血液が送れず、脳貧血状態となり、意識が遠くなってしまいます。

これを眠気だと思ってしまっている可能性があります。

同じく脳貧血が原因の症状として、迷走神経反射があります。

迷走神経反射については、こちらをご覧ください。

www.pokapokayouki.com 

脳貧血にならないために

人口動態統計を分析したところ、家庭の浴槽での溺死者数は 11 年間で約7割増加し、平成 27 年に 4,804 人となっています。

消費者庁引用

 想像以上に多い数字ですよね。

私のように、ただ眠いだけだと軽く考えず、きちんと対策をしておきましょう。

 

睡眠不足・食後すぐの入浴は避ける

睡眠不足で既に眠い場合は、入浴せずに、シャワーなどで済ませます。

また、食後すぐは血圧が下がるため、1時間は休憩するようにします。

 

脱衣所と浴室を暖める

特に冬場は、脱衣所と浴室が極寒です。

衣服を脱いだ瞬間から、寒さで血圧が急上昇し、温まろうと急いで熱い湯船に浸かって、急降下。

激しい血圧の変動で、ヒートショックを起こしてしまう危険性があるため、温度差には注意が必要です。

 

長湯しない

あまり長く浸かりすぎると、脱水症状を起こしてしまうため、お湯の温度は41℃以下にして、入浴時間は15分程度にします。

また、入浴前に水分補給をすると、脱水症状予防になります。

 

ゆっくり立ち上がる

多くの方が経験していると思いますが、お風呂から出ようと、急に立ち上がると、めまいが起こることがあります。

この症状も脳貧血が原因ですので、すぐにしゃがみ、脳に血液を送ることで対処することができます。

 

 さいごに

お風呂は、1日の疲れを癒してくれますが、熱すぎたり、長湯しすぎたりすると、かえって身体に負担がかかってしまいます。

正しい入浴法を守って、快適なリラックスタイムを過ごしましょう。

www.pokapokayouki.com