ぽかぽか陽気

毎日を楽しく過ごしたい主婦の雑記ブログ 

【簡単】ベジブロスでカレーを作ったら絶品だった

健康や美容に良いとされるベジブロス。

なんだか名前もオシャレだし、作ったら、料理上手な気分になれるかも♪

という単純な理由で、挑戦してみることに。

その勢いのまま、ベジブロスを使って、カレーを作ってみました。

 

 

ベジブロスとは?

普段なら捨ててしまう野菜くずを煮込んで作る、ベジタブル(野菜)のブロス(だし)のことです。

野菜を有効活用できるだけでなく、野菜の皮やヘタなどに豊富に含まれている「フィトケミカル」と呼ばれる栄養素には、免疫力を高めたり、抗酸化力を上げる働きがあり、健康成分の1つとして、注目されています。

美容にも効果が期待できるため、見逃せません。

 

材料

皮やヘタなどの野菜くず:200g

水:1000ml

酒:小さじ1

f:id:pokapokayouki:20190320224625j:plain

美味しい出汁のために、5種類以上は入れましょう。

今回、私が入れたのは、人参と玉ねぎのヘタと皮、大根の皮、ネギの青い部分、キャベツの外側、ほうれん草の根元、舞茸の石づきなどです。

たまねぎの皮は、入れすぎると苦くなりすぎるので、少なめがオススメです。

 

作り方

1:野菜くずを、水で念入りに洗います。

2:大きめの鍋に、材料を全て入れ、火にかけます。

3:沸騰したら弱火にして、30分ほどコトコト煮ます。

f:id:pokapokayouki:20190320224620j:plain

 4:火を止め、ざるで濾します。

私はキッチンペーパーを敷きましたが、なくても問題ありません。

f:id:pokapokayouki:20190320224616j:plain

そして、完成したベジブロスがこちらです。

黄金色に輝いています。

f:id:pokapokayouki:20190320224610j:plain

一口飲んでみましたが、ちょっと苦めの薄いスープって感じです。

入れる野菜によって味も変わるので、いろいろ試してみたいです。

 

ベジブロスでカレーを作る

難しいことは何もありません。

ただ、カレーを作る際に使う「水」を、ベジブロスに変えるだけです。

完成しました。

f:id:pokapokayouki:20190320224602j:plain

当然、見た目では全く違いが分かりませんが、食べてびっくり。

味に深みとコクがでて、いつもより濃厚な口当たりに。

何時間も煮込んだような本格的なカレーに仕上がり、とっても美味しかったです。

正直、ここまで変化があるとは思わなかったので、驚きました。

夫も、一口食べて「あ、違う!」と気付き、大絶賛でした。

 

さいごに

カレー以外にも、様々な料理の出汁として使えるベジブロス。

環境にも、人にも優しくて、さらに美味しいなんて、素敵ですよね。

みなさんも、ぜひ試してみてください。